ウォーターサーバー 札幌

ドリンクディスペンサーの水は水道水とどう違う?

水を定期的に届けてくれるドリンクディスペンサーサービスは、震災後急激に一般家庭に浸透しました。原発後の水道水不信が強まったこと、防災のため水を備蓄する意識が高まったことが主な原因です。

ですが、基本的には日本の水道水は世界水準で見ても安全性が高く、飲料するのに害はないと言われています。ただし、それだけ安全性を高めるには、相当の浄化、消毒が行われているのです。

水道水は、地域や住宅によってはかなり化学薬品の臭いが残っている事があります。都会や集合住宅だと特にその傾向は強まります。浄水器を通しても臭いが消えない事があり、やはり水道水は美味しくない、と感じる人も少なくありません。

それに対してドリンクディスペンサーの水は、お金を出して買うものですので、それ相応の品質です。利用者が自分の好みに合わせて契約するので、味も口に合うでしょう。使われる水はミネラルウォーターか、そうでなくても丁寧に浄化され美味しくされた加工水です。安価の公共料金を払えば配給してくれる水道水と比較して美味しいのは当然の事なのです。

また、放射能について、水道水だと心配があっても住んでいる土地の水を飲まなければなりませんが、ドリンクディスペンサーサービスを利用するのであれば、安全だと思える採水地の水を取り寄せる事ができます。自分で納得した上で口にすることができるのです。安心と味はお金を払ってでも確保したい、という人にはぴったりのシステムだと思いますよ。

陶器のウォーターサーバーならインテリアにもマッチ!

最近話題のウォーターサーバーは、採水地が明確な安全でおいしい水を定期的に自宅まで届けてくれるので、いつでも簡単に飲むことができ、とても便利です。防災用のストックにも最適で、東日本大震災後、急激に利用者を増やしています。でも、いくら便利でも、大きな機械とボトルをでーんと部屋に置くと、あまりの存在感にインテリアのバランスが崩れる心配がありますよね。

通常ウォーターサーバーと言うと、プラスチック製のサーバー機械に、プラスチック製の大きな水ボトルを乗せて設置します。様々なデザインやカラーのものが出て来てはいますが、家電と同様にプラスチックの質感がどうしても無機質なイメージを作り上げてしまいます。

そこで、お勧めなのが、陶器のウォーターサーバーです。小さめサイズで家庭にもピッタリですし、温かい素材感でインテリアを邪魔しません。机上に置けるタイプのものもあります。

また、プラスチック製の容器は水に多少なりとも溶けるという心配がありますが、陶器であれば水の質を損なう事がありません。むしろイオンを出して水を美味しくする効果がある陶器もありますので、容器としてもプラスチックより有用だと言えるのではないでしょうか。

重さの問題、割れるリスクもありますが、インテリア、水の質について敏感な人には陶器のウォーターサーバーがよいかと思います。オシャレに、安全に、水をたっぷり補給して、潤いのある生活を送りたいですね。

炭酸水にもできるウォーターサーバーはありますか?

以前は、ヨーロッパなどに行って水を買うと炭酸水が渡され、どうにも飲めなかった、という日本人が沢山いましたが、最近では日本でも無糖の炭酸水を好んで飲む人が増えて来ました。確かに、炭酸は清涼感と満足感をもたらしてくれますし、他の多くの飲み物と相性がよく、飲み心地を爽快にしてくれます。

そんな炭酸水を求めて、ペットボトルを買う人も多いかと思いますが、一度開けるとガスが抜けるので全部飲まなければならないのが難点です。自分が飲みたい分だけ、飲みたい時に炭酸にできたら嬉しいですよね。

実は、自宅で簡単に炭酸水を作る機械はあります。ガスのカートリッジを交換しなければなりませんが、価格もさほど高額ではありません。自分の好きな水を入れてしゅっとガスを入れれば炭酸水が好きなだけ作れるのです。

自分で作るのではなく、今話題のウォーターサーバーで、直接炭酸水が注げるものはないかと言うと、日本ではなかなか手に入らないのが現状です。ボトルに入っている水が炭酸水になっている、というものはあるかもしれませんが、ガスが抜けてしまう可能性も高いでしょう。だとしたら、安全でおいしい水のウォーターサーバーを導入し、炭酸にしたい時だけ別の炭酸ガス注入器で作ったほうが、鮮度の高い炭酸水が楽しめるでしょう。ものによっては、水だけでなく、色々な飲み物を入れて炭酸飲料にしたり、カクテルにしたりできるようです。その時の気分に合わせて楽しめる炭酸ガス注入器とウォーターサーバーを同時に入手してはいかがでしょうか。

ウォーターディスペンサーの転倒防止策

いつでも美味しい水が簡単に飲めるウォーターディスペンサー。自宅に定期的に届けてくれるので買い物する手間が省け、水をストックしておくにも最適なので、一般家庭での利用がどんどん増えて来ています。

そんな中、注意したいのが転倒防止についてどのような対策をするか、という事です。ウォーターディスペンサーは、小さなお子さんがいる家庭で導入する人が急増しています。原発事故後の放射能問題が大きな要因ですが、お湯を沸かさなくてもミルクを作れると言った利便性もその要因の一つです。

小さなお子さんがいるという事は、ウォーターディスペンサーの転倒についてより注意を払わなければなりません。子供は何にでも興味を持ちます。特に、蛇口を押すと水が出て来てぼこぼこ音が鳴るウォーターディスペンサーは、子供にとっては面白いマシーンに見えるでしょう。興味を持って突撃することも考えられますし、別件で興奮して激突することも十分考えられます。

では、転倒を防止するにはどうすればよいかと言うと、ワイヤーを張る、転倒防止マットを下に敷く、正面以外は家具や壁に向けて囲む、などの対策が有効です。家庭によって条件が異なりますので、自分の家にはどの策が一番適しているか、精査してください。

お子さんの安全のために契約したはずのウォーターディスペンサーでお子さんが怪我をしてしまったのでは元も子もありません。しっかりと対策を練って、大切なお子さんを守りましょう。

メンテナンスもしてくれる!ウォーターサーバーサービス

最近、自宅にもウォーターサーバーを設置する人が急増しています。震災後、防災の意識が高まったこと、原発事故で水道水への不信感が高まったこと、が主な要因ですが、水を買って飲むと言う習慣が日本にも定着した上に、上質な水をまめに飲むことが美容と健康に良いという意識が浸透してきた事も影響しているでしょう。

ウォーターサーバーのお水は採水地が明確で、放射能を気にする人にも支持されていますが、カビを気にする人は敬遠する傾向があります。確かに、サーバーと水ボトルの接触面には空気と水分が入ってカビや雑菌の温床となる事が問題視されてきました。しかし、逆に言えば、その目に見える接触面をきちんと掃除することで清潔を保てるのはかなり安心できる要素なのではないでしょうか。

とはいえ、自分で掃除するのは面倒だし無理、という方は、業者に依頼してメンテナンスしてもらう事も出来ます。別途料金がかかるところが多いですが、機械の内部まで徹底的にチェックし、綺麗にしてくれますのでとても安心感があります。中には、無料で定期的なメンテナンスを行っている業者もあるので、自分の要望に合わせてサーバー業者を選択するとよいかと思います。

採水地など納得した上で自分が選んだ美味しい水が、いつでもぱっと適温で飲めるウォーターサーバーがあれば、水分補給が楽しくなります。みずみずしい健康体を維持するためにはそれは望ましいことなのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの使い方は難しい?

会社の休憩所や病院の待合室など、人が集まるところでよく見かけるウォーターサーバーですが、最近個人利用者が急増しています。東日本大震災を受けて防災への意識が高まったこと、原発事故で水道水への不信感が高まったことがその要因であると考えられます。でも、このウォーターサーバー、個人で管理できるようなものなのでしょうか?

ウォーターサーバーとひと口に言っても業者や製品によって様々ですが、家庭用のウォーターサーバーは、概してとても使いやすい作りになっています。蛇口をつまんだり押したりするだけで簡単に適温の水が注げますし、水がなくなった時は少々重いですが、空ボトルを抜いて新しい水のボトルを置くだけ、という製品がほとんどです。ただ、あまりに簡単で、幼い子供がいじってやけどをしてしまったという事故が多発したため、熱湯は硬いチャイルドロックがかるような仕組みになっているものもあります。

その他、メンテナンスについても気になるかと思いますが、専用のブラシを使えば簡単に掃除することができます。ウォーターサーバーで衛生的に気をつけなければならないのは、ボトルとサーバーの接触する部分です。空気と水分がつき、カビや雑菌が繁殖しやすいからです。でも、目に見える部分をきれいにすればよいのですから、安心感がありますよね。自分でするのが面倒という方は、有料で徹底的にメンテナンスしてくれるサポートサービスもほとんどの業者が提供しています。

このように、ウォーターサーバーの使い方は決して難しくありません。だからこそ、安全性と美味しさを求める方に支持され、利用者数を伸ばしているのだと思います。ぜひ一度使ってみてください。

浄水器を通しても臭い水道水を我慢するより水宅配がよいのでは?

日本の水道水は蛇口をひねればそのまま飲め、世界的に見ても安全性が高いと言われています。確かに、飲んでもひどい下痢症状を引き起こす、といった心配はないでしょう。しかし、それだけ菌を少なくしているという事は、浄化を徹底的に行っているという事です。殺菌の面では効果的ですが、味の面ではどうなのでしょうか。

最近は浄水器を利用する人が多いかと思いますが、それは水道水のカルキ臭さを少しでも減らしたいと言う意図があるからでしょう。雑菌が少なく安心というのはありがたい限りですが、地域や住宅によっては水道水が化学薬品的な臭いで飲めない、というところもあるのです。

技術が発展して、浄水器の品質もどんどん向上してきましたが、それでも水道水の化学薬品的な臭さが消えない事があります。特に、マンションなどの集合住宅では、水を一括してポンプに貯めているので衛生面を配慮して余計に化学薬品で殺菌しており、臭いがきつくなってしまうのです。

浄水器は、素晴らしい技術の結集なので安くはありません。しかも、定期的にカートリッジを交換しなければならず、イニシャルフィー、ランニングフィーがかかります。そんな機械をつけても水道水の臭いが取れないのであれば、水を購入した方がストレスが軽減されませんか?

でも、いちいち水を買わなければならないのは面倒だ、という人には、今利用者が激増している水宅配がお勧めです。採水地がわかる安全でおいしい水を定期的に自宅まで届けてくれます。しかも、機械には蛇口がついているので、簡単に適温の水を飲むことができるのです。コストをかけて浄水器をつけているのに臭いが気になるのであれば、いつでも美味しく飲める水宅配のほうがよいかと思いますよ。

業務用ドリンクディスペンサー導入で経費削減

蛇口からいつでも適温の美味しい水が出せる、便利なドリンクディスペンサー。最近では企業だけでなく、自宅にも導入する人が増えて来ました。防災用に水を備蓄する意識が高まったのもその一因です。

東日本大震災を受けて、企業でも水や防災用具を常備するのが当然という時代になりましたが、従業員全員の水をペットボトルで常に置いておくのはかなりコストがかかりますよね。しかも、使わないでいるといつの間にか消費期限が切れてしまうので、ストックを常備しつつも新しいものと定期的に入れ替える仕組みが大切です。個人のものであれば自己判断で飲めますが、企業が消費期限切れのものを配布したとなると、ずさんな管理体制だという厳しい指摘を受けかねません。

気づいたら期限が切れていた大量のペットボトル水を処分することを考えると、定期的に業者が来て入れ替えてくれる業務用ドリンクディスペンサーの導入は経費削減にも効果的かと思います。何もしなくてもストックが入れ替わるので、チェック作業の負担も軽減されます。

また、来客のお茶出しの際、お湯を沸かしてお茶を入れる手間も減りますし、電気ポットを管理する負担も減ります。ドリンクディスペンサーは、機械のレンタル料、電気代、水代、時折行うメンテナンス代がかかりますが、ミネラルウォーターであればそのままお客様にお出ししても大丈夫なので、お茶やコーヒーの費用を抑えられる可能性もあります。

社員がいつでも新鮮なお水を飲めるという事もメリットの一つです。社員の健康が企業の利益向上にもつながるはず。ぜひコスト面を熟慮しながら検討してみてはいかがでしょうか。

硬水と軟水はどう違う?ウォーターサーバーの選び方

水を買って飲むのが当たり前の時代になりましたよね。そんな中、水の味や質についても敏感さが増してきました。これは硬水だ、軟水だ、など、水の性質をあらわす言葉が一般的になりましたが、その意味をみなさん理解されていますでしょうか?

なんとなく味で、硬いか軟らかいかわかる人も沢山いるかと思いますが、その違いは明確に科学的に分類されています。水の硬度とは、カルシウムとマグネシウムの含有量のことなのです。これらが多く含まれていたら硬い、少なかったら軟らかい、という事になります。

日本ではほとんどの水が軟水、ヨーロッパでは硬水が多いと言われています。硬水は味に少し癖があるので好き嫌いがありますが、ミネラルが豊富なので食事の内容によっては硬水を飲む方がいい場合もあります。

飲み物に使う場合は、日本茶なら軟水、紅茶や中国茶、コーヒーなら硬水がよいそうです。また、料理でも和食には軟水、西洋の肉を煮込んだりする時には硬水がよいとされていますが、つまりはその土地で出る水はその土地の料理にふさわしい、という事なのでしょう。

このように、硬水と軟水には明確な違いがあるわけなのですが、最近注目されているウォーターサーバーを利用する際には、十分注意する必要があります。日本の水の場合ほとんど軟水ですが、海外の水は硬水の可能性もあるので、自分の要望と合っているか必ず確かめるようにしましょう。赤ちゃんのミルク用にウォーターサーバーを導入する人も多いようですが、ミルクには軟水が向いています。硬水だとミネラルが含まれ過ぎていて、程よく計算されたミルクの栄養バランスを崩してしまうからだそうです。硬水と軟水の違いをしっかりと把握して、好みや用途に合わせて適した水を選んでくださいね。

新鮮な水を宅配してくれる便利なシステム

震災後、防災に対する意識が高まり、自宅に水を備蓄するのは常識になっています。ペットボトルのミネラルウォーターを何本か常備している家は多いかと思いますが、定期的に入れ替えていますでしょうか?普段からペットボトルの水をよく飲む家庭なら、ストックはどんどん入れ替わって新しい物になりますが、あまりその習慣がない家庭は、時折ストックをチェックする必要があります。気づいたら消費期限が切れていた、という事がよく起こるからです。

定期的に水を宅配してくれるシステムを利用すれば、そのようなストック水の消費期限切れを防ぐことができます。ボトルが空になったら次のボトルをセットする、というルーティンが自然にできるからです。

防災用の備蓄に便利な水宅配ですが、味や品質を気にする方も満足できるかと思います。宅配用の水は、業者によって異なりますが、採水地が明確なミネラルウォーターなどを使います。加工水でも、十分に浄化して不純物を除かれた、クリアな水が使用されています。放射能が気になる方も、自分で安全性を納得した上で、日々の水を選ぶことができるのです。また、水は工場で真空ボトル詰めし、とてもフレッシュな状態で出荷している業者がほとんどです。空気が入らないと言う事は雑菌が入りにくいということであり、衛生面でも安全性が高いのです。

ただし、機械にボトルを設置する際、空気が混入してカビや菌が繁殖する可能性はあります。機械とボトルの接触面が清潔に保たれるような設計がしてあるウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

とても便利で新鮮な宅配の水。ペットボトルをいちいち購入しに行く手間もかかりませんし、とても合理的なシステムです。ぜひ、ご利用してみてください。